コラム

薬のお話(4)   睡眠薬について、
睡眠薬といえば、怖い薬というイメージを持っておられる方も多いと思いますが、現在は、臨床効果に優れ、安全性の高い薬が使用されるようになっています。たとえば、アルコールに比べて安全性は高いです。主なものとして、ベンゾジアゼピン(BZD)系睡眠薬、非BZD系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬などです。(以前は、バルビツール酸系や非バルビツール系睡眠薬も使用されていましたが、依存性や呼吸抑制などの副作用もあり、ほとんど使用されません)

1) ベンゾジアゼピン(BZD)系睡眠薬:坑不安作用や筋弛緩作用も持ち、不安の強い方には有効である。また、種類も多い為、不眠のタイプによって、使い分けが可能。脱力、転倒などにも注意。
入眠困難→超短時間作用型や短時間作用型
中途覚醒→短時間作用型や中間作用型
早朝覚醒→中間作用型や長時間作用型
2) 非BZD系睡眠薬:催眠作用にのみ作用する為、副作用は極めて少なく、高齢者にも使用可能。徐波睡眠(深い睡眠)を増加させるため、塾眠感のない方には効果的。但し、不安が強い方には効果不十分な場合がある。
3) メラトニン受容体作動薬:入眠後退など睡眠リズムに異常がある不眠には第一選択である。高齢者の不眠や睡眠時無呼吸症候群などの合併症にも安全。催眠作用はやや弱い。
4) オレキシン受容体拮抗薬:覚醒の維持に関するオレキシン受容体に拮抗して作用し、生理的な睡眠を増加させる。副作用はほとんど無い。催眠作用は、ベンゾジアゼピン受容体作動薬よりやや弱く、メラトニン受容体作動薬より強い。

注意点として、アルコールとの併用は避けること、服薬後は寝室に移動して横になっていましょう。(この時に行動すると健忘(記憶障害)が起こることがあります。気になる副作用(翌日の眠気、ふらつきなど)があれば、医師に相談しましょう。
もちろん、薬物療法がすべてではありませんが、症状がひどい場合にはお薬を必要とすることが多いです。生活習慣を改善することも重要ですが、薬によって、睡眠習慣を改善し、安定した後は医師と相談しながら、薬物を減量していくと同時に生活習慣の改善に重点を移し、中止していくことが重要です。
適応が苦手な人へ。(職場、家庭、学校、人間関係など)
現代はストレス社会です。ストレスが大きすぎると心の症状や身体の症状を引き起こします。特に、ストレスの原因として、適応が問題となってきます。今回は、他人との付き合い方、気持ちの持ち方をテーマにします。
1、 自分を環境に合わせる努力をして、他人には期待せず、割り切った付き合いをする。
他人を変えることや自分の事をすべて分かってもらうことは不可能です。他人を変えることより、自分が変わることが簡単です。また、自分の事を理解してもらいたいという欲求は理解できますが、完全に他人を理解することは不可能ですし、そんな余裕が無いことが多いと思います。全員と真正面から向き合ってばかりでは疲れてしまいます。ある程度、「この人はこういう時の仲間」「この人はこの話題や趣味の友達」といった接し方も必要かもしれません。
2、 自分だけの時間と場所を作る。
人間ですから、感情が不安定になることはあります。また、物事に行き詰ってしまう事もあります。その場合にどのようにするか、何通りかクールダウンの方法を決めておくのがいいでしょう。トイレに行ったり、外の空気を吸ったりしてちょっと間をおくのもいいでしょう。余裕があれば、ちょっと散歩や軽い運動も良いです。
3、 他人とのやりとりなどもパターンを決めておく。
人間関係などで「上手に断る方法」「人に上手に頼む方法」「苦手な人への対処法」などは、急に思いつき事は困難です。あらかじめ、予想されるような事や実際に困った事などについて、対策を立てておきます。自分で考えられない場合は、ご家族や友人などに意見を聞くという方法もあります。
4、 感情や衝動のコントロールを上手に行う。
注意を受けたり、叱られた時には、どうしても感情的になってしまいがちです。腹が立てたり、劣等感に陥ることはある事だと思います。しかし、本当は貴方全体を相手が否定しているわけではありません。貴方の中の一部について、意見を言っているだけです。ですから、1拍置くつもりで、ゆっくり考えてみましょう。また、分からない場合は、勇気を出してどうすれば良いか聴いてみましょう。次に、自分の不用意な発言、依存症、嗜癖行動、衝動行為にも、注意しておきましょう。あらかじめ自分の癖を知っていることは重要です。
5、 趣味を持つ、家族団らんや友人と過ごす時間を持つ。
ストレスが無い社会はありません。ストレスもいい方向に使えればやる気になります。趣味を持って、ストレスを発散したり、家族や友人たちと楽しいことをしたりして、オンとオフを切り替えることも重要です。腹が立つことも誰かにしゃべることによって軽減されたり、悩んでいることも誰かに相談することによって解決できたり、気にならなくなる事もあります。気を使わなくてもいい人とは、どんどんお話しましょう。
薬のお話(3)   セロトニンについて
前回、セロトニンの減少により、緊張を伴う不安、抑うつ気分、食欲減退、強迫観念による認知機能の低下などを起こし、不安が強いうつ状態、社会不安障害・パニック障害を含む不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などでは、セロトニンのみを上げる薬剤(選択的セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)、タンドスピロン)、抗不安薬、スルピリドなどを組み合わせて使用すると説明させていただきました。

しかし、薬以外にもセロトニンを上げる方法があります。大きく分けると、3つの方法があります。①生活面を改善していく方法、②行動面で心がける方法、③摂取面で心がけること、になります。

まず、生活面を改善していく方法として、以下のことがあります。早寝早起きを心がけて、寝る時間・起きる時間を規則正しくすること、太陽の光を浴びて、体内時計を整えることなどが効果的であるとされています。
次に、行動面で心がける方法として、リズミカルで楽しく運動すること(運動内容としては、歩行・ヨガ・歌唱・自転車こぎ・スクワット)などが挙げられます。また、咀嚼も重要であると言われています。よく噛むことやガムを噛むことも実行しやすいことです。スキンシップも重要です。親子や恋人同士のスキンシップ、家族や友人とのおしゃべり、マッサージなどもストレス耐性効果もありよいと思います。
摂取面で心がけることとして、セロトニンを作り出す材料として、トリプトファンという物質があります。トリプトファンを多く含む物質としてプロセスチーズ 、ひまわりの種 、アーモンド 、肉類 、赤身魚、バナナ、豆乳や牛乳、納豆、すじこ、たらこなどがあります。また、それらの物質を吸収する為に、腸内環境を整えることも重要です。

もちろん、症状がひどい場合やすることが困難な場合は仕方がありません。しかし、上記のことを心がけることによって、症状が改善したり、薬の量を減らすことが出来たり、場合によっては、薬物治療が不要となるかもしれません。

もし余裕があれば、試してみるのも良いかもしれません。
元気が出ない時の過ごし方(うつ状態、不安状態)
 皆さんは、日常生活の中でどうしても元気が出ないときはありませんか?明らかな原因が思い当たることもあれば、全く思い当たることがない時もあると思います。原因があれば、それを取り除くことが大切ですが、その場合も自分だけで解決できない時もあります。

では、そんな時はどうすればいいのでしょうか?まず、そんな自分をいたわることが大切です。調子が悪い自分を認め、ペースを少し落として、少しずつ出来る範囲の事をしていくことです。今できない分は、調子が良くなってから取り返したらいいのです。

具体的に言いますと次のような方法もあります。
① しなければいけない事を具体的に書き出して重要な順に行う。
② マイペースで他人と比べたりせず、完全を目指さない。(自分なりにどうにかやっていると思えたらよいのです。)
③ どうにもならない事はしばらく置いておく。(物事によっては、自分だけでどうしようもない事もありますが、逆に自然に解消してしまうこともあります。)

但し、注意する点が2つあります。
① 重症の時は、医師や周囲の方に相談する。
 症状の程度がひどい場合や、あるいは長時間続く場合には、薬物の調整・カウンセリングなどの医療を利用する必要があります。
② 精神的に不安定な時は、重要な決定をしない。
 不安定な時は、人間は焦って結論を急ぎがちです。仕事や学校であれば辞めてしまったり、家庭であれば離婚などの重大な決定をしてしまいがちです。しかし、あとで元気になった時に後悔してしまう事も多いようです。とりあえず、休職や休学、別居などで様子を見るというのもひとつの方法です。

気になることがあれば、医師や周囲の方に相談しましょう
薬のお話(2)   不安やうつを中心に
薬のことについて、不安・うつ状態を中心にお薬の具体的な選択を含めて、簡単に御紹介させていただきます。(話を分かりやすくするために省略したところもありますが、ご容赦ください。)

 不安状態や抑うつ状態は、神経伝達物質のうちのドパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの減少によって起こると考えられます。また、ノルアドレナリンは一部がドパミンから作られる事から、ドパミンとノルアドレナリンはリンクして増減すると考えられること、及びドパミンの過剰状態は精神的に不安定になる可能性があることなどから、ドパミンを単独で増加させる薬剤を使用することはほとんどありません。

 具体的には、ノルアドレナリンの減少によって、意欲や興味の減退、活動性の低下などが起こり、セロトニンの減少により、緊張を伴う不安、抑うつ気分、食欲減退、強迫観念による認知機能の低下などを起こすとされています。

 そこで、薬の選択として、不安が強いうつ状態、社会不安障害・パニック障害を含む不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などでは、セロトニンのみを上げる薬剤(選択的セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)、タンドスピロン)、抗不安薬、スルピリドなどを組み合わせて使用します。一方、意欲や活動性の低下が目立つうつ病・うつ状態には、セロトニンとノルアドレナリンの両方を上げる(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)、ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)などを使用します。

最後によく現れる副作用をお示しします。
選択的セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)・・・・・・・吐き気、眠気
タンドスピロン、抗不安薬・・・・・・・・・・眠気、ふらつき
スルピリド・・・・・・・・食欲増加、プロラクチン関連症状(無月経、乳汁分泌)
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)・・・吐き気、動悸・振るえなどの交感神経刺激症状、排尿困難
ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)・・・眠気、食欲増加
三環系抗うつ薬(TCA)・・・坑コリン作用(便秘、排尿困難)、
四環系抗うつ薬・・・眠気

疑問があれば、どんどん医師に相談しましょう。
薬のお話(1)
心療内科や精神科では、薬を使用することが多い。一方、患者さんの中には、「薬を飲みたくない。出来たら、薬をやめたい。」とおっしゃる方も多い。また、病気によっては、生活療法、心理療法(精神療法、カウンセリング)や行動療法、森田療法、認知療法などの薬以外の治療法が存在する。では、どうして薬物療法を行うことが多いのでしょうか?
 次の事が考えられます。
① 薬による治療がどうしても必要な場合。
たとえば、てんかんやある種の精神疾患では、薬を中断すると発作が起きたり、急激に悪くなる場合があります。
② 治療を急ぐ必要がある場合。
うつ病の重症の場合などは、自殺などの衝動行為の恐れがあったり、何も考えたりする事が出来ない場合には、薬による治療が必要です。
③ 確実な治療が求められる場合。
不眠の時の睡眠薬、パニック発作の抗うつ薬、不安時の抗不安薬などは、他の治療法もありますが、効果の確実性の面からは、薬の治療にまさるものはありません。不眠の時に、睡眠の生活指導も必要ですが、睡眠薬は確実です。他の場合も同様です。
④ 安定した状態を維持する必要がある場合。
仕事を持っていたり、学業の重要な時期であったり、家庭などで重要な役割を持っている場合などは、毎日の生活が大変重要となります。そのような場合には、休薬したり、減量したりすることは、必ずしもお勧めできません。今は薬をそのままにするか、慎重に減らすことを提案します。
⑤ 他の治療法がお勧めできない場合。
薬以外の治療法には、治療を受ける方の理解と協力が必要です。また、疾患によってはなじまない治療法もあります。


以上のことから、最初は薬で治療を始める医師が多いと思います。そして、ある程度症状が安定したら、薬を減らすことが可能である患者さんであれば、その希望も考慮しながら、薬を減らすと同時に、他の治療法や生活療法を併用しながら、経過を見る事が多いと思います。しかし、薬を減らす事も専門の医師に任せる必要があります。薬によって、減らし方のコツや注意点などを考慮しなければならないからです。

希望があれば、どんどん医師に相談しましょう。
考え方の癖を直そう。
人を愛するためには、まず自分を愛することが必要です。自分を愛するとは、いままでのいろいろな選択を行ってきた自分自身を認め、いろいろな欠点がある自分を認め、道を開こうと努力している事をほめて優しくなることです。もちろん順調につまずかずに生きていくことは不可能で、誤った選択をしてしまったこともあると思います。欠点ばかりが目立って、長所は無いと思うかもしれません。しかし、それはそれで意味が無いことではなく、失敗すれば、立ち上がって今度はつまずかないように注意すればよいし、欠点を認めて直すべきことは直し、問題の無い欠点は放っておけばよいのです。他人の欠点にも寛大になりましょう。言い換えれば、後悔はせず、反省するようにして、自分の苦手な点は認めるとともに他人の苦手なところは補ってあげればよいのです。そして、出来るだけのことをすれば、あとは天にまかせる気持ちになればいいのです。
 他人に対して、期待してはいけません。「私はあの人に、これだけのことをしてあげたのに、あの人はどうしてしてくれないのか」と考えがちです。人は、してあげたことは、細かく覚えているものです。そのかわり、人にしてもらったことは簡単に忘れてしまいます。また、こうしてほしいという要求には、きりがありません。「こうしてくれてありがとう」という感謝にこそ、意味があります。してあげたことは、すべて忘れることです。そのくらいで、他人との関係ではちょうど良いかもしれません。

 具体的な例を挙げましょう。心配事は必要で意味あること、重要なことだけする。(心配してもどうにもならないことや起こるかどうかわからない事などの心配はやめ、努力で何とかなる事は、書き出して重要な順に行いましょう。失敗を恐れず、自然に良い方向に向かうこともあるので深刻に考えなくても良いこともあります。)
マイペースで完全を目指さず、目的本位・行動本位の生活に切り替える。(他人と比べたり、他人に依存することなく、自分を受け入れ、完全を目指さず、一つの価値観に縛られず、今を大切にする。)

最後に、精神的に不安定なときは、結論を急がないようにしましょう。(ストレスがあったり、職場・学校・家庭などで嫌なことがあった時は、仕事や学校を辞める事を考えたり、早めに離婚などを考えがちです。しかし、あとで後悔することもあります。そんな時はとりあえず、1拍おいて、精神的に安定した時にもう一度十分考えて結論を出しましょう。)
「あるがまま」について
「あるがまま」という言葉は、神経症の治療の大家である森田正馬先生の言葉で、精神科医の中では、大変有名な治療的な言葉です。内容を簡単な言葉で説明すると、神経症(不安や心配事が気になって生活に支障が来たす病気)、あるいは神経質な方が、不安・症状を排除しようとすることで悪循環を招いたり、自然な感情を「こうあるべきだ。」という構えでねじ伏せようとして葛藤に陥っている場合に、考え方を切り替えます。悩みを「取り組み可能なもの」にする、あるいは、不安をいったんそのままにしておき、日常生活を大事にしていくといった事です。 感情を「自然なもの」と捉え、否定的な、嫌な感情もそのまま認め、変化・流動するものとして扱うのです。
 同じような言葉(正確には、少し違いがあります)で、有名なビートルズの「レット・イット・ビー」というタイトルの曲があります。「なるようになるさ」という意味で、「できる限り精一杯の善行を積もう,何事にもベストを尽くそう。その結果を判断するのは神であるが故に人間が口をさしはさむことはできないが,神様はきっと見ていてくださる。マリア様の慈悲の心にすがり,救われることを信じて,今はじたばたせずに結果を待とう」というような意味だったと思います。他にも、同様の内容が使われている曲はたくさんあります。それだけ、この言葉は世界的にも一般的になっています。

精神的なストレスや心配事があっても、とりあえずやれることから、やっていくということは大切なことだと思います。恐る恐る、今できることからやってみましょう。出来る事と出来ない事を分けて、出来ることからやってみましょう。

試験で1問目が解けなかったら、「とりあえず」先に進んで最後まで解いてみる。

不安を雲のように浮かべておき、必要なことを通して、人と関わっていく。

緊張するまいとするほど緊張するが、適度な緊張は必要でよく思われたいと思えばこそ不安になる。

うまく話そうとするより、内容を伝える。良い話し手になるのには、良い聴き手になることから。
不完全のおすすめ
 皆さんは、物事や人間関係などを完全にしようとして、苦しんでおられませんか?完全主義はいろいろな精神的な病気の原因やきっかけになります。たとえば、神経症、うつ病、境界性人格障害などです。心配事を完全に解決しようとして不安になったり、完全に清潔でなければならないと感じて不潔恐怖になったりすることがあります。また、うつになりやすい方の中には、何事も完全にしなければならないという性格のために現実とのギャップに苦しんでうつになってしまう方もおいでます。何事も白か黒か決め付けて(たとえば、いい人か悪い人かどちらかに分類する)、人間関係を次第に窮屈なものにしてしまう方もいます。 
 そこで、ちょっと考えてみましょう。まず、完全な人間、あるいは物事というものは存在しません。尊敬できる立派な人にも必ず欠点はあります。むしろ欠点があるから、より好ましい感情を持つのかもしれません。人間ですから、身体や精神の状態がいつもいいとは限りません。体調がいいときは本当に優しい人でも、体調が悪いときや大きな心配事を抱えているときは他人に優しくすることが出来ません。また、昔から「形あるものは必ず壊れる」とも言います。未来永劫ずっと壊れないものは存在しませんし、完全なことはほとんど存在しません。
 ではどうすればいいのでしょうか。それは、不完全なものを認めてしまうことです。それは、まず自分からはじめてみましょう。自分の不完全なものを認めて、「自分は完全ではないけど、それなりに頑張っているじゃないか。」と考えます。あるいは、不安・症状を完全に排除しようとせず、自分の感情を「自然なもの」と捉え、不安な、嫌な感情もそのまま認め、変化・流動するものとして扱うことです。
 次に、他人に対しても同じように考えることです。たとえば、いつも優しい人の機嫌が悪かったり、優秀で失敗しない人が失敗することがあるとします。その時には、「どこか体調が悪いのかな。何か心配事を抱えているのかな。」と考えてあげてください。そうすることによって、他人にやさしくすることが出来ます。

 最後に繰り返しになりますが、「自分はOK、他人もOK」が大切です。
ストレス相談について
ストレス相談について

 現代はストレス社会と呼ばれています。特に、精神的なストレスのうち、不満、悔しさ、つらさ、不安などが大きすぎると次第に意欲の低下、憂うつ感などの心の症状を起こし、最終的にはうつ病やノイローゼなどの精神的な病気や動悸、胸焼け、様々な痛みといった身体の症状を起こし、最終的には高血圧、心臓病、胃潰瘍といった心身症を引き起こします。但し、本当はストレスというものは悪いことばかりではありません。適度なストレス(それは各個人によって違いますが)は、よりよく生きていこうとする心も作り出します。
 ストレス相談では、ストレスに気付いていただいて、ストレスを上手にコントロールすること(コーピングといいます)を身につけていただいてより良い健康な生活を送って頂くことを目的としています。まず最初に、何が問題になっているのか、その問題をどうしたいのか、何ができるのかということを客観的に捉えることから始めます。(これを気付きといいます。)そのために問診や心理テストなどをさせていただきます。次に、否定的な思考や認知の歪み(どうせ努力しても仕方がない、自分はダメな人間だ。など)を修正したり、過大なストレスであればそれを避けるようにすること、によってストレスに対して適切な思考や行動を取っていただくようにします。その時、カウンセリング、行動療法、森田療法、認知療法、薬物療法などを相談しながらやって行きたいと思います。(皆さん方全ての人が全部違った環境、考え方、ストレスの違いを持っておられると思いますので、十分に相談させていただきます。ただし、状況によっては、皆様方の希望する治療法がどうしても無理があると思えば、その希望通り行かない場合もあるかもしれません。その場合でも十分説明はさせていただきます。)
 そして、最終的には、適度なストレスを受けながら、出来るだけありのままの生活(決して、無理をしていない)を取り戻していただけることを目標にします。ちょっとしたストレスでは何ら影響のない精神と身体(ストレス耐性)を持っていただくようにしたいと思います。